全日本モトクロス近畿大会

せっかくの連休ですが、全国的にあいにくの天気の模様です。
ここのところはだいぶ涼しくなり、本格的に秋になってきたなという感じです。
いよいよ、ツーリングの季節が始まります。

記事にするかどうか迷ったのですが、ここのところツーリングにもいけていないしネタがないので9月10日に行ってきた全日本モトクロス近畿大会の話をしたいと思います。

今回、会場へはバイクではなく車で向かいました。
やっぱりバイクに乗るんだったら単なる目的地への移動手段ではなくて、バイクに乗ることそのものを楽しみたいのと、当日は晴れ予報だったものの山沿いのにわか雨が心配だったからです。

会場は奈良県山添村にある名阪スポーツランドです。
関西でモトクロスやミニバイクレースを楽しまれる方には結構有名な場所らしいですが、僕は初めての訪問です。

西名阪道から名阪国道に入り、針テラスで少し休憩しました。

P1270916

やっぱりバイクが多いよね。

針テラスの先の小倉ICで名阪国道を降り、少し走ると名阪スポーツランドがあります。

P1270926r

P1270922r

オンロードコースが駐車場になっていました。
4月に行った全日本トライアル近畿大会の時もそうでしたが、ハイエースなどのワゴン車率が高めです。
結構皆さんいろんなところから来られているみたいで、遠方の車もたくさんいました。
車の数は、トライアルの大会の時よりも断然こちらの方が多いです。
やっぱり、競技人口の差なんでしょうね。

P1270929r

会場に入ってすぐのところがメーカーブースになっていました。

P1270932r

P1270934r

僕たちのヤマハブースです。

P1270947r

ごめんなさい、カワサキブースを撮っていなかったです。

セロー250乗りで、YSPさんにもお世話になっていますのでヤマハの応援をしていましたが、ホンダもスズキもカワサキもみんな好きです。

4大メーカーブースでは車両の展示、用品メーカーのブースではモトクロス用品の展示などをしていました。

P1280027r

跨ってもOKでしたので跨らせてもらいましたが、さすがのモトクロッサーです。
僕は身長はそこそこありますが、つま先立ち気味になりました。

P1270942r

お隣のYSPのブースにツーリングセローがありました。
自分のと同じバイクが展示されているのは、なんか不思議な気分でした。
YZ250Fに跨った後でこのセローにも跨りましたが、さすがにかかとまでピッタリでした。

P1270957r

子供さんがコースを走っていました。
小さなお子さんとはいえ、速かったです。
未来のトップライダーですね。

P1270961r

この日は、午前中はよく晴れていました。
気温的にはそれほど高くはなかったのですが、日差しがきつかったです。

P1270978r

モトクロスはやったことがないですし、見るのも初めてなのですが、コーナリングのラインがコーナーのイン側を回る人と、アウト側を回る人と両方いました。
何か理由があるんでしょうね。
イン側の人は、わだちの中をコーナリングしていました。
よく転倒しないよなぁと思って見ていましたが、やっぱりバランス感覚がすごいんでしょうね。

P1270985r

このコース、かなり高低差があるみたいです。
モトクロスはジャンプとか派手なコーナリングばっかりに目を向けてしまいがちですが、コース全体を考えてレースの組み立てをしないといけないのはロードレースと同じようでした。

P1270990r

バイクって離陸できる機能があったんですね(笑)
やっぱりジャンプは、モトクロスの醍醐味です。

P1270992r

P1280003r

第1コーナーです。
モトクロスでは、スタート直後の第1コーナーで転倒などのアクシデントが多いらしく、今回も転倒や転倒してはずみでバイクが観客席の方まで飛んでいくというハプニングがありました。

P1280004r

こうやって一斉にスタートするのがいいですね。

P1280006r

土の上でもしっかりバイクをバンクさせて曲がれるのが凄いです。

P1280016r

ここはかなり熱い戦いでした。

P1280020r

戦いを終えたマシンたちです。

P1280034r

午後からは空がどんより曇ってきて、雨がパラパラ。
昼休みの時に降ったのが幸いでした。

P1280036r

ヤマハの平田優選手は、午前中は3位につけていたのですが、午後の結果は惜しくも4位でした。
また次の大会で頑張って欲しいです。

モトクロスだけでなくモータースポーツは写真だといまいち雰囲気が伝わりにくいと思いますが、なかなかエキサイティングな大会でした。
僕はただのツーリングライダーなのでこんなことは逆立ちしてもできませんが、モトクロスにしても、ロードレースにしても、トライアルにしても競技というのはバイクの楽しみ方の一つだと思いますので、趣味としてバイクでの競技に熱中されている方が多いのもよく分かりました。
特にモトクロスは若い人が頑張っている印象なので、こういったレース活動がバイクの裾野を広げていくのに役に立ってくれると嬉しいなと思いました。

国道425号線(尾鷲~十津川)ツーリング

まだまだ残暑が厳しいですが、確実に季節は進んでいます。
9月2日に国道425号線の尾鷲~十津川間を走ってきましたので、そのことを記事にします。
結論から言うと、尾鷲~十津川間は酷道というほど厳しく感じる道ではありませんでした。
車だと離合に注意しなければなりませんが、バイクだと普通に走れる道でした。

この日は晴天に恵まれ、まさに酷道走行日和(笑)でした。
確実な所要時間が読めないため、朝は早めに出発しました。
まず尾鷲へと抜けるため、R309で水越峠を越えてR169へと繋いでいきます。

P1270217r

9月頭とはいえ朝は気温が低く、メッシュジャケットでは寒くてたまりませんでした。
上市のローソンで休憩し、これからの山越えに備えて防風インナーを装備しました。
何か月かぶりにホットドリンクを頂きました。

あとは宮滝大橋を渡っていつものルートです。

P1270222r

昔からここを通るたびこのブッシュマンという食堂が気になるんですが、開いているのを見たことがありません。

P1270234r

前は入之波温泉までだったので、伯母谷ループから先はこのバイクでは初走行です。

P1270269r

上北山村に入ると、このように深い谷を見下ろしながら標高を下げていきます。

そして、169号線を熊野市に向けて走っているということは、前のバイクを壊してしまったあの場所も通らなければならないということです。

P1270271r

このトンネルです。上北山中学校の手前のトンネルですね。
ここでセンターラインのキャッツアイを踏んでバランスを崩し、左側車線の縁石にフロントタイヤを当てた後に転倒、バイクは派手に滑っていきました。
今改めて見るとなんてことのない普通のトンネルにしか見えませんが、なんであんなことになったんだろう…

P1270286r

下北山村側の出口でボロボロになったバイクと共に、ロードサービスの方が来てくれるまで待ちました。
あの時ほど、時間が長く感じた時はなかったですね。

少し思い出に浸った後、再び169号線を南下、熊野市に入りました。

P1270324r

P1270313r

反対側にはこんなのが…
夜だと絶対怖いよね(笑)

169号線から309号線へとシフトし、42号線へと向けて下っていきます。

P1270335r

川の水がもの凄くきれいで、癒されます。
しばらく南下し、42号線に入りました。

P1270347r

話には聞いていましたが、道の駅 熊野きのくには営業休止中でした。
やっぱり高速道路やバイパス道路の開通で往来が便利になると、元の道に沿う地域は寂しくなるものですね。

その後はそのまま42号線を進み、尾鷲市に入りました。

P1270359r

P1270379r

P1270381r

矢ノ川トンネルを抜けた先の千仭橋(せんじんばし)の袂にあるダート路ですが、実はこれがかつての国道42号線だったそうです。今はトンネルで楽々行き来できますが、昔はこうやって矢ノ川峠を越えていたみたいです。セローならなんとかいけそうですが、残念ながら通行止めです。

それからの42号線は急激に標高を落として尾鷲の市街地に入ります。
ここでガソリンの補給と水分補給、昼食用の食べ物も調達していよいよ国道425号線に挑戦です。
紀勢道の開通で425号線に入る坂場交差点はよく分からないことになっていました。
墓地から始まることで有名な425号線ですが、見落としていました。
しかし後で確認したところ、新道からでもお墓は見えるみたいです。

紀勢道の高架下を潜り抜けると、いきなりの山道で標高を上げていきます。
そして薄暗いトンネルにたどり着きます。

P1270393r

知らないと騙されるというか、僕も勘違いしたのですが、尾鷲市街から上がってきて最初のトンネルはあの有名な坂下トンネルではないようです。

P1270404r

こちらが坂下トンネルです。
どうも尾鷲市街側の坑口よりも、奈良県側の坑口の方が趣がある写真が撮れるみたいですが、今回はこちら側の写真しか撮っていません。

P1270399r

トンネル内部はこんな感じです。
かなり心もとない感じはしますが一応、照明設備はあるみたいです。
坂下トンネルを抜け少し進むと、割と明るく開けた感じになります。

P1270407r

ほどなくして、クチスボダムという謎のダムにたどり着きます。

P1270413r

P1270419r

特に見所もないダムのようでしたので、少し写真を撮って再び走り始めました。

P1270423r

P1270435r

川の水がマジできれいです。
酷道ではあるのですが、こういう風景には癒されます。

P1270452r

まだまだ尾鷲市です。

P1270456r

酷道の中に突如として改良区間が現れますが、漏水があるところなんかはやっぱり紀伊半島クオリティです(笑)
そんな改良区間もほんの少しで終了、425号線は徐々に標高を上げていきます。

P1270470r

P1270475r

やっぱり紀伊半島の山並みは深いですね。
標高を上げた後、八幡トンネルにたどり着きます。

P1270477r

ここもしばらく通行止めだったようですが、今は問題なく通行することができます。
このトンネルが県境かなと思いましたが、どうやらそうではないようです。

P1270488r

トンネルを抜けたところです。
結構、開けています。

P1270489r

やっぱり川の水がきれいです。
トンネルを抜け少し走ると、ようやく県境に到着です。

P1270495r

十津川遠い!
よく考えると、国道425号線に入ってから20kmぐらいしか進んでいません。
そして、聞いてはいましたが下の方の表示板に嫌な情報が…

気にせず、進みます。
途中に滝がありました。かくれ滝というそうです。

P1270526r

P1270531r

セローは、お留守番です(笑)
この滝のところは何故かハチが何匹がいて、こちらに向かってくるので恐怖でした。

川を横目に見ながら進むと、やがて坂本ダムの湛水域に入ります。

P1270551r

P1270558r

天下の国道…なのに路面の陥没は放置されるのが紀伊半島クオリティです。

木の陰になって分かりにくいですが、ダムのところに滝がありました。

P1270584r

P1270607r

おにぎりも木の陰に隠れて分かりにくいです。

P1270631r

坂本ダムも、こうやって見るとかなり大きなダムです。

ダム沿いは幅員は狭いものの、比較的路面の状態は悪くないのですが、たまにこんな区間が現れます。

P1270641r

バイクが汚れますが、致し方ありません。
坂本ダムのダム堤体から先は通行止め区間に当たってしまうのですが一応、確認のため見に行きました。
まず下北山村に入ります。

P1270645r

坂本ダムの堤体地点を過ぎてからは、通行止め区間が含まれるルートのため一気に路面状態が悪化しました。僕も慎重に走りましたが、2、3回ほど落石を踏み、リアタイヤの挙動が乱れました。

そして

P1270651r

ああ、やっぱりダメだったのね。
というわけで引き返します。

P1270658r

坂本ダム堤体のところまで戻ってきました。
やっぱり十津川は遠い…

P1270662r

坂本ダムは、アーチ形の美しいダムです。
425号線がこの先に進めないため、迂回路として坂本ダムの堤体を渡って入るサンギリ林道があります。

P1270682r

このサンギリ林道は、迂回路に指定されるだけあって全面舗装で路面もそれほど荒れていなく、安心して走ることができます。
そのため、対向車も来るようなのでバイクであっても注意して走らなければなりません。
僕もサンギリ林道に入ってすぐのところのブラインドカーブでトラックが突っ込んできて急ブレーキ、リアタイヤがロックして肝が冷えました。

この道も途中に大鍋小鍋の滝という滝がありました。

P1270686r

P1270690r

ここでバイクを停めて、尾鷲のコンビニで買っておいたおにぎりを食べました。
しかしここもハチがいたので落ち着いて食べることができず、喉が詰まりそうになるのをお茶で流すみたいな感じになりました(笑)
夏から秋にかけての酷道巡りは、ハチに気を付けなければなりませんね。

サンギリ林道は徐々に標高を上げていき、サンギリトンネルにたどり着きます。

P1270722r

P1270724r

トンネルの前後には、視界が開ける場所もあります。
林道及びトンネルの名前になっていますが、紀伊半島の山間部はカタカナ名称が多いですね。
サンギリ林道のサンギリも多分、地名だと思うのですが…

トンネルを通過すると標高を下げていき、169号線に合流します。
池原ダムを過ぎるところまでは169号線と重複し、その後はまた425号線が再開です。

P1270737r

下池原の集落を臨みます。
既視感を感じます。

P1270740r

P1270751r

明神池です。
池に近付くと鯉がたくさん集まってきましたが、エサをあげるつもりは全くありません(笑)

169号線分岐から下北山村役場までは非常に走りやすい道となっていますが、そこから先は元の425号線の姿に戻ります。
しばらく川と並行して走りますが、やっぱり水がきれいです。

P1270765r

P1270769r

この区間は、所々幅員が狭いものの路面状態は悪くないので比較的走りやすいです。
そして

P1270774r

みんな大好き、カナウナギトンネルです(笑)
この区間はある意味、ここが目的でした(笑)
他の謎のカタカナ名称であるナゴセ、トボトなどは地名だということですが、このカナウナギトンネルだけは本当に由来が分かりません。

カナウナギトンネル通過後は、標高を上げていきます。

P1270796r

標高を上げながらしばらく進むと、開けた場所がありました。

P1270803r

P1270810r

深い山並みの中、今まで登ってきた道が見えます。

P1270802r

もう少し、頑張って走らなければなりません。
この広場から少し走ると、下北山村と十津川村の村境である白谷トンネルに到着です。

P1270827r

十津川村側では、鬱蒼とした杉林の中を下っていく感じになります。
下北山村側よりも、路面に枝や石が多い感じがしました。

P1270838r

あとは延々と狭路を下っていき、昔行った21世紀の森を過ぎて、道路沿いから見える滝のところに着きました。

P1270842r

昔、同じ場所で写真を撮った記憶があります。
そこからすぐに168号線に合流、時間も押し迫っていましたので今回の425号線巡りはここまでとしました。

P1270848r

168号線は改良が進んでおり、非常に快適な道路になりつつあります。
とりあえず道の駅 十津川郷で一息入れ、大阪に向かいました。

P1270854r

その後、谷瀬の吊り橋に寄り道しました。
とりあえず十津川に来ると、道の駅と吊り橋には必ず立ち寄ってしまいます。

P1270860r

P1270878r

そこからは大塔の道の駅で小休止をした以外は止まらずに帰りました。
やっぱり京奈和道と国道480号線のバイパスの組み合わせは非常に便利です。

今回のツーリングは、酷道ツーリングと覚悟して臨んだものの、実際には425号線の尾鷲~十津川区間は速度にさえ気を付ければバイクだと全く問題がない道でした。
坂本ダム堤体から池原ダムの備後橋までは路面に落石や枝などが多いものの、備後橋の通行止めが解除されれば改善されるものと思われます。
やっぱり、425号線の真の姿を見るためには関西有数の酷道と名高い龍神~十津川間を走るしかないようです。
すぐに、というわけにはいきませんが、今年中に(雪が降り出す前に)挑戦したいと思います。

話が少し逸れますが、425号線は深い山中を走るためか、動物をよく見かけました。
キジ、サル、シカ、リスなどです。キジに至っては3回も見ました。
熊やイノシシは見かけませんでしたが、普通に生息していると思われますので、バイクや自転車で走行する際には気を付けないといけません。

今回は距離もそこそこ伸び、大自然を満喫したり(ハチはやっぱり怖いよ)と、なかなか内容の濃いツーリングとなりました。
やっぱり、紀伊半島は面白いです。


琵琶湖一周ツーリング

9月になりました。
朝晩は少し涼しくなりましたが、やっぱりまだまだ残暑が厳しい感じです。

この間、8月最後のツーリングとして琵琶湖一周をしてきましたので、その時のことを書こうと思います。
僕は、以前バイクに乗っていた時には滋賀県方面はそもそもバイクで行くということがあまりなく、たまたま行った時でもあくまで途中のルートに含まれていただけで、滋賀県を目的地としたツーリングはしたことがありませんでした。
関西在住のライダーなら琵琶湖一周ツーリングはやる人が多いみたいですが、僕は今までその機会がなかったので今回、挑戦してみることにしました。

出発は朝6時、大阪南部から滋賀県は遠いので高速道路を活用しました。
阪和道から近畿道、第二京阪道路と通って京滋バイパスに入り、笠取ICで降り、瀬田川沿いに上がっていくと滋賀県に入ります。

P1260876r

高速を降りる少し前ぐらいから、山の中に入っていくので気温が下がるからでしょうか、メッシュのライジャケだとかなり肌寒く感じました。やっぱり確実に季節は進んでいるようです。
そのまま道なりに上がっていくと瀬田の唐橋にたどり着きました。
ここから琵琶湖一周スタートです。

P1260888r

P1260900r

唐橋を渡って湖岸道路を北上し、反時計回りに琵琶湖を回っていきます。

P1260915r

しばらく走り、道の駅 草津に立ち寄りました。

P1260933r

P1260928r

この日は天気が抜群によかったので、ライダーさんもたくさんいました。
しばらく休憩し、また湖岸道路を北上しました。途中、前の方でパトカーがゆっくりと走っていたので後に続く車もバイクもペースを落として走らざるを得ませんでした。

西の湖の手前のところで左折し、湖岸沿いに進んでいきます。

P1260954r

途中、おしゃれなログハウス風の建物があったのですが、後で調べてみるとシャーレ水ヶ浜というライダーさん御用達のカフェだそうです。
この道路はメインルートからは外れるのですが、時期柄水遊びの人やオートキャンプの車が多かったです。
しばらく走ると沖島が見えてきます。

P1260972r

沖島は日本で唯一の湖上有人島だと思っていましたが、浜名湖などの汽水湖を含めると他にも有人島はあるそうなので、正確には淡水湖で唯一の湖上有人島だそうです。
この後、道なりに進むと元の道路に合流しました。
そのまま北上していくと彦根市、米原市と進んでいきます。

P1270004r

道の駅 近江母の郷で一息入れました。
それから長浜市内に入り、昼食を取ろうと思いましたが、観光客が多いのとバイクをどこに停めようか迷いそうでしたのでパスし、道の駅 湖北みずどりステーションまで走りました。

P1270013r

よく見ると鳥の形をしてるんですね。
ここでカレーパンの屋台があったのでカレーパンを頂きましたが、これがこの日の昼食と相成りました(笑)
長浜からこの道の駅までは快走路で、この先も快走路が続きました。

P1270009r

道の駅を出てしばらく走ると国道8号線に合流し、湖岸沿いに走ると国道から外れるルートになります。

P1270021r

P1270040r

やっぱり湖北まで来ると水がきれいです。
山も湖に迫る感じになるので、風光明媚な感じがします。

国道に合流し、道の駅 塩津海道あぢかまの里に立ち寄りました。

P1270051r

P1270053r

滋賀県は市町村合併がかなり進んだ県なので、こんなところでも長浜市になっています。
道の駅を出て、今回のツーリングで楽しみにしていた奥びわ湖パークウェイを目指しましたが、なんと一方通行規制がされていたため、塩津側からアクセスすることができず一度マキノ側へ行き、反対側からアクセスしました。

P1270063r

P1270066r

竹生島です。
奥びわ湖パークウェイは、あんまり快走路という風ではなく、途中がけ崩れで交互通行の個所があったり、道路脇に落ち葉が積もっていたりしていました。
勾配とカーブもきつい感じで僕はゆっくり走っていたので、後続のライダーさんにどんどん抜かれました。

P1270081r

P1270082r

P1270096r

つづら尾展望台です。
景色は抜群です。
やる気満々のバイクが多かったです(笑)

P1270098r

お前は誰だ?(笑)

P1270100r

恋人の聖地だそうです。
僕には全く関係ありません(笑)

つづら尾展望台を出て道なりに下っていき、また塩津方面の国道8号線に出てからマキノ方面に走りました。
途中、海津大崎にも立ち寄りましたが、やっぱりここは桜の時期に来ないとダメですね。

P1270127r

国道に戻り、道の駅 マキノ追坂峠に着きました。

P1270144r

この近くのスタンドで給油した後、メタセコイア並木を目指しました。車では行ったことがあったのですが、バイクでは今回が初めてです。

P1270156r

P1270165r

P1270172r

ここの風景は素晴らしいですね。僕の他にもたくさん観光客の人がいました。
バイクを道路脇に停めて写真を撮りたかったのですが、道路上に駐車しないよう注意を促す看板があったのでやめておきました。

P1270178r

少し休憩して出発しようとしたところ、写真には撮れませんでしたがリアル仮面ライダーのグループの方が入ってきました。子供が喜んでいました。
メタセコイア並木を出発した後は湖岸沿いに南下し、道の駅 しんあさひ風車村が休業しているのを確認したのと、白鬚神社にお詣りをして琵琶湖一周ツーリングの仕上げに入りました。

P1270184r

P1270202r

国道161号線は、休日夕方は白鬚神社の辺りからずっと混みますが、この日もその例に漏れず渋滞が続いていました。バイパスを使うという手がありますが、やっぱり琵琶湖一周だから下道を使おうと思ったのが不運でした。志賀から堅田までずっと渋滞、その後琵琶湖大橋を過ぎても渋滞は収まらず、浜大津の手前まで渋滞に付き合わされました。よほどのことがない限り、僕はすり抜けはしないのですが、バカ正直に渋滞に付き合ってひどい目に遭いました。白鬚神社を16時半ぐらいに出て、瀬田の唐橋まで戻ってきたのが20時過ぎでした。

P1270212r

暗くてボケボケですが、瀬田の唐橋です。
ようやくゴールしました。
時間があまりにもなくなり過ぎたので、この後は全部高速で帰ったのは言うまでもありません。
結局、琵琶湖を一周するのに12時間強かかりました。
琵琶湖を一周するとだいたい距離が200km前後らしいので、いかに時間が余分にかかったかがよく分かります。

今回のツーリングは、振り返ってみるとただ琵琶湖をぐるっと回っただけみたいな内容になってしまいました。滋賀県にも見所はたくさんあると思うので、少しもったいなかった気がします。

それにしても大阪南部からだと結構大変でした。
もう当分、琵琶湖一周はやらないかな…
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
最新コメント