入之波温泉と高原洞川林道ツーリング

バイクを購入して、もうすぐ1か月です。
ちょうど走行距離が初回点検が必要になるところまで達しましたので、まずバイク屋さんに行って初回点検を受けてきました。

バイク屋さんに向かう途中で走行1000km達成です。

P1260652r

初回点検は、オイル交換やチェーン調整など基本的な項目の確認なので特筆すべき事項はありませんでした。
それよりも、新車をコカしてしまったことを言うのがちょっとつらかったです…。

点検が終わり、ETC車載器を入れている小物入れのところの手回しネジも取り付けてもらいましたので、晴れてETC復活です。
早速、近畿道→阪和道→南阪奈道路と通って奈良県に入りました。

大和高田バイパスから京奈和道に入り、南に進みました。
昨日、ようやく京奈和道 御所南IC~五條北IC間が開通しました。
これで、橿原から和歌山まで一気に行くことができます。
いやホント、長かったよ。

P1260655r

五條北で京奈和道を降り、吉野方面へ向かいました。
本当は五條まで行ってしまうと遠回りになるのですが、開通したての道路を走りたかったのです。 

国道169号線は、宮滝のところを過ぎると妙にテンションが上がります。

P1260658r

それからは快走路を順調に走り、道の駅 杉の湯川上へ。

P1260670r

ここで少し休憩した後、更に国道169号線を進みました。
景色も良く、快走路です。

P1260672r

P1260676r

ほどなく、大迫ダムに着きました。
この奥に入之波温泉があります。

P1260686r

入之波温泉へ向かう道は、少し幅員は狭いものの(バイクだと全然問題なし)、路面はそんなに荒れていなくて割と走りやすいです。
4kmほど走ると入之波温泉に着きます。

P1260704r

P1260711r

P1260710r

山の斜面に張り付くように建物が建てられています。
なかなか凄い温泉です。
中の写真は撮っていませんが、趣のある温泉です。
温泉成分でヒノキの浴槽が岩の風呂のようになっています。
もう少しお湯の温度が高ければ、言うことがないのですが…。

温泉に入った後は、もう一つの目的である高原洞川林道を目指します。

まず道の駅 杉の湯川上へ戻り、トンネル手前で左折して道なりに進みます。

P1260666r

途中、丹生川上神社上社という神社を過ぎ、そのまま道なりに行くと高原の集落です。

P1260716r

P1260719r

この辺りまでは割と路面もきれいなんですよね。生活道路だから当たり前かもしれませんが…。

P1260723r

横の川がきれいです。

しかし、すぐに道はどんどん悪化していき…

P1260728r

P1260750r

出たよ、ダートが!

P1260761r

まず偵察、ということで歩いて見て回りましたが、長いこと通行止めだったのはこの山崩れが原因だったようですね。山の斜面が内部から崩れ落ちているので、復旧に相当の手間と日数を要した模様です。

ところで、僕はセロー250を買った癖にいまだダート路を走った経験がなく、今回が初ダートとなりました。距離にすると60~70mぐらいなので大したことがないのですが、緊張しながら走り抜けました。

その後しばらく路面の悪い舗装路を走り、だんだん標高が上がってくると幾分路面もよくなってきました。

P1260779r

ええ、もう嫌というほどに(笑)

東屋のようなものがありました。

P1260786r

P1260795r

東屋の近くに滝がありました。大天井滝というそうです。
滝のところから少し走ると、視界が開けました。

P1260815r

この広場のすぐそばに五番関トンネルがあり、これを抜けると天川村に入ります。

P1260804r

トンネルを抜け、しばらく走ると洞川の温泉街です。

P1260819r

高原洞川林道を走破したので、あとは帰るだけなのですが、せっかく天川に来たわけですし、あそこに行きましょうということで、洞川から下ります。

天川といえば、これですよね。
村のホットステーション、モーソンモリクラフラフラです。
僕もエクシさんのサイトでこのお店を知り、6年ほど前に行ったのですが、久々の訪問です。

P1260826r

残念ながら、お店はもう店じまいのようでした。
ですが、お店のご主人が僕に話しかけてくれて、写真も撮っていただきました。
モリクラフラフラの宣伝を頼まれたので、このブログでも宣伝します。
この記事を読まれた方は、天川に行かれた際には是非モリクラフラフラにお立ち寄り下さい。

さて、モリクラフラフラにも立ち寄ったし、さあ帰りましょうということで、このまま国道309号線を下っていこう…とはならず、また洞川に戻りました。
大峰山龍泉寺の横を通っている県道でも黒滝村に戻れるのです。
長らく通行止めでしたが、何気なく奈良県のHPを見ていると通行止めが解除されているようでしたので、是非通ってみようと思いました。

洞川の集落を過ぎるとほどなくこんな感じになります。

P1260828r

路面ボコボコだし、急勾配で走りにくいです。
短い距離で標高を上げて、例のトンネルに着きます。

P1260835r

小南トンネルです。
かつて素掘りトンネルで有名でしたが、現在は…

P1260840r

モルタル吹き付けの、趣も何にもないトンネルになってしまいました。

黒滝村側の坑口です。

P1260854r

ちょっと残念な気持ちで山を下っていきました。この洞川下市線という道は昔、下市町から黒滝村の区間は通りましたが、天川村~黒滝村の区間は未走行でした。
狭い、勾配がきつい、路面が悪いの三重苦で走りにくかったです。
ある意味、高原洞川林道の方が走りやすいと思いました。

日没も迫っていたので焦る気持ちがありましたが、焦ってまたやらかしては大変なので慎重に下りました。

P1260864r

ボコボコ路面がもう嫌になってしばらくすると、集落が見えてきて少し安心しました。
それから少し走り、道の駅 吉野路黒滝に着きました。
分かってはいましたが、串こんにゃくは終了していました。

P1260866r

もうかなり暗くなっていましたが、よく知っている場所なので安堵感が凄かったです。

P1260869r

ここでしばらく休憩し、国道309号線で帰りました。
いつの間にか、下市町の丹生川上神社下社をパスするトンネルができていました。
309号線で吉野川のところまで下った後は、五條まで進み京奈和道を利用して橋本市に入り、そこから国道371号線で大阪に帰りました。

今回のツーリングは、実質半日しか使えなかったのにかなりハードなツーリングになりました。
高原洞川林道は昔、走りたいと思っていた矢先に平成23年台風12号が襲い、走ることができなくなってしまいました。今年になって復旧したと聞き、6年越しでようやく走ることができました。
やっぱり紀伊半島は面白いです。
今後も、いろいろと走ってみたいです。

西播磨お散歩ツーリング

まだまだ暑い日が続きます。
よくよく考えたら、せっかくバイクを購入したのに8月は全然ツーリングにいけていませんでした。
ということで、たまには違う方面に行こうということで兵庫県の西播磨地域を目指しました。

ETC車載器を入れている小物入れのネジがないため、結束バンドで留められています。結束バンドを外さないとETCが使えないので実質ETCは封印です。というわけで下道を繋いで西を目指します。

P1260529r

明石海峡大橋です。渡る気は全くありません(笑)

明石まで耐えたら、あとは無料のバイパスなので惜しみなく使います。

P1260547r

バイパスを最後まで走り、あとは国道2号線からあえて外れます。

揖保川沿いに下っていきます。

P1260559r

国道250号線に入り、西向きに走ります。

P1260567r

P1260589r

P1260592r

旧揖保郡御津町です。
のどかな漁村、といった風情です。

御津の道の駅は、やっぱりバイクが多いです。

P1260600r

道の駅から出て七曲りを走行し、途中で昼食をとって相生市に入りました。

P1260602r

ツーリングらしいルートといえば、この御津~相生の区間ぐらいです。

鰯浜の集落です。

P1260620r

P1260623r

P1260632r

この後、相生の道の駅で少し休憩をしましたが、隣にバイクを停めておられたライダーさんが話しかけて下さり、しばし談笑しました。
MC22型CBR250RRを27年間乗っておられるそうです。凄い!

P1260642r

その後、姫路に少し寄り道した後、大阪を目指して帰りました。

P1260646r

実は、この西播磨地域は一昨年まで転勤でいっていたところで、ある程度土地勘もあるし勝手が分かるんですが、ツーリングで来るとすごく新鮮というか別の感覚を味わえますね。

帰り道は、バイパス区間はよかったのですが、その後の国道2号線と国道43号線は車が多くて疲れました。国道43号線を走行していた時に、白のドゥカティ スーパースポーツSに乗った女性ライダーさんがいらっしゃったのですが、とってもカッコよかったです。どうしてもバイクは男の趣味っていうイメージが強いですが、こういう颯爽とした女性ライダーさんはとても素敵です。
今回のツーリングは、振り返ってみるとお昼ご飯を食べに行って海沿いの道を少し走っただけというような内容になってしまいましたが、たまにはこういうのも悪くないかなと思いました。

転倒の反省

長らく放置していましたが、久々に記事を書こうと思います。
この間の転倒は、いろいろと考えましたがやっぱり自身のヘタクソさ加減が原因だという以外に結論が考えられず、したがって技術を向上させない限りどうしようもないということです。
技術向上のためにはとにかく乗らないといけませんが、ただ乗ればいいというわけでもないと思いますので、そのためにどうすればいいか考えていきたいと思います。

バイクの損傷は、とりあえず必要最低限の補修に留めることにしました。
元々オフ車なので転倒は覚悟して購入したのと、バイクのダメージは客観的にはおそらく自分が思うほどひどいものでもないかなと思ったからです。

人間の損傷は、転倒時にバイクと地面の間に右足を挟まれたことによる打撲がありますが、これも別に大したことはないかなという感じです。
骨折とか、仕事に支障が出るような怪我は別ですが、バイクに乗る以上少しの怪我なら覚悟の上です。

せっかく復活したのだから、やっぱりバイクに乗り続けていかないと…。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
  • 全日本モトクロス近畿大会
最新コメント