バイク

HMS浜名湖 オフロードスクールに参加しました

気付けば4月です。
ブログ放置し過ぎです。

しまなみ海道ツーリングの後はほとんどバイクに乗れておらず書くこともなかったのですが、3月17日にHMS浜名湖のオフロードコースに参加してきましたので、そのことを記事にしたいと思います。
今回は写真がほとんどなく文章ばっかりの記事なので、お付き合いいただける方だけお願いします。

セロー250を買って半年以上が過ぎ、ツーリングには出掛けていますがオフロードを全く走っていません。
個人的に林道に行きたい気持ちはあるのですが、一緒に走ってくれる人も見つけていないし、それ以前にガチ素人がいきなり林道に行って大丈夫なのかと思いましたので、オフロード走行を体験すべくHMSのオフロードコースに参加してみようと思ったのです。

HMSは昨年鈴鹿で参加しましたが、オフロードなら浜名湖が有名らしいので、大阪からちょっと遠いですが浜名湖のオフロードスクールを受けてみることにしました。

浜名湖までの移動手段は、車で行くことも考えましたが距離が長くなるので今回は新幹線で行くことにしました。費用的には新幹線の方が少し高くなりそうですが、移動が楽なのが大きいと思いました。
結果的にこの選択は正解になりました。
浜松駅から送迎してもらえるので、電車での参加も問題ありません。

3月17日、朝6時過ぎの新幹線の間に合わせるべく、早めに出発しました。
自由席でしたが、空いていたので全く問題なく席に座ることができました。
そのまま浜松まで一直線。
8時前には到着しました。

P1300477r

浜松駅周辺は、結構賑わっているようです。
到着後、スタバで時間を潰してから送迎場所に行き、HMS浜名湖の開催場所である交通教育センターレインボー浜名湖まで送ってもらいました。

受付で手続きを済ませ、ロッカールームで着替えてからオリエンテーションが行われる部屋に入りました。オリエンテーションは、鈴鹿と違って非常に簡潔でした。
浜名湖は常連さんが多いようで、僕以外の人は結構顔見知り同士が多い感じでした。
その後プロテクターやブーツなどの装備品をレンタルし、準備運動を済ませてバイクのところに行きました。
乗車する前に軽く自己紹介となりましたが、僕以外の方はやっぱり東海地方在住の方ばかりでしたのでアウェー感がハンパなかったです。とりあえず、「ガチ初心者です!」と言っておきました。

DYdkQ3JVAAAfz73

バイクはこれです。
CRF125Lだそうです。CRF100は、キックスターターしかついていないのでオフ走行で疲れてきたらエンジンをかけられなくなるかもということなので、セル付きのCRF125Lになったそうです。

バイクに跨りエンジンを始動させた後、まず軽く外周を走行しました。
オフロードバイクは舗装路でのグリップが弱めなので、急にバンクさせたりしないでねとのことでした。
その後パイロンが並んでいるところに移動し、リーンアウトのフォームを教わりました。
上体を外側に持っていき、体はあまり傾けずバイクのバンク角を付けるフォームですね。
シートの角に座るイメージで曲がるということと、頭の位置をアウト側のミラーの延長線上に持ってくるように言われました。ちょうど、ライダーとバイクがY字のような形になる感じです。
言われたことは分かるのですが、全然そのように動けませんでした。

次に曲がるときにイン側の足を出して曲がる方法を教わりました。
モトクロスやモタードレースでやってるあれですね。
ポイントとしては真横に足を出すのではなく、前輪の横に出すような感じでとのことでした。
このやり方だと、万が一コーナリングでスリップしてもリカバリしやすいのだとか。

この2点を教わった後、パイロンが並べられたコースをリーンアウト、イン側の足を出しながら曲がるということで走行しましたが、僕は全然うまくいきませんでした。
バイクに慣れていないは言い訳なんですが、シフト操作、ブレーキが乱雑すぎてダメでした。
ここまで舗装された場所でした。

この後ようやく土の上に移動し、真っすぐに並べられたパイロンをスラローム走行するような感じで走り始めたのですが、前日に雨が降っていたためぬかるみゾーンが発生しており、僕はぬかるみゾーンに吸い込まれてボテッとコケました。
今回のスクールで初めての、記念すべき転倒者第1号となりました。
倒れたバイクを起こした時、舗装路で引き起こすような感覚でスタンドを出して起こしてしまったため、右に倒れたバイクを起こした時にスタンドで支えきれず、今度は左に倒れてしまいました。
ダートでのバイク引き起こしは、十分に注意しなければならないことが分かりました。

今度はブレーキの練習になりました。
フロントブレーキを使わず、リアブレーキだけで止まるようにするのと、故意にリアをロックさせて滑る感覚をつかむということでした。
リアロックはできたのですが、その後のリアをロックさせて車体を軽くバンクさせ、パイロンを回る(いわゆるブレーキターンってやつですかね)のが全然できませんでした。

続いて土の上の場所でパイロンが並べられた場所を走るのをやりましたが、とりあえず滑るのとふらつくので全然コーナリングができていませんでした。
イントラさんによると、体が後ろに逃げていて、頭が外側のミラーの延長線上に来ていないなど、正しくリーンアウトのフォームが作れていないとのことでした。内足も出してみたけど、とりあえず出してるだけって感じでしたね。

そんなこんなでボコボコにされて、午前の部は終了しました。
お昼ご飯はお弁当が出てくるのですが、鈴鹿は自前で用意しなきゃいけなかったのでこういうところはいいかなって感じです。

ちなみにこの日、オンロードコースの人とオフロードバランスの人がいましたが、みんなガチな感じでヤバかったです。僕みたいなドシロートは居場所がありません。

午後からはまず、8の字の練習をやることになりました。
任意のパイロンを選んで8の字旋回を練習するというものです。
まともに8の字やるなんて教習所以来だし、しかも土の上です。
やってみたらやっぱり全然うまく回れないわけですが、でもなんかだんだん面白くなってきました。
転びそうになって足をついて立て直したりとかしたわけですが、なんかこういう無心に走るのが楽しく感じました。

8の字をやった後、また移動して今度は高低差があるところの走り方を教わりました。
アップダウンが続くところを走る時、上る時は体を前に持っていき、下る時は腰を引く感じで乗ることと、上りきりそうなところで不用意にアクセルを開かないことなどを言われました。
下ったところにバンクの付いたコーナーがあったのですが、こういうところは惰力で曲がるように、とのことでした。
上り下りの練習は、タイミングが合わなかったりアクセルが雑だったりいろいろダメでした。

最後に仕上げとして、今まで教わった技術を利用しながらコースを走って下さいということになりましたが、そもそも技術が身についていないのでうまく走れなかったです。
もう意地で走りましたが、ぬかるみにタイヤをとられるとか、きついコーナーでコースアウトしてしまったりだとか、ダメダメでもうとにかく走るだけって感じでした。

そんな感じでオフロードスクールは終わり、最後にお世話になったバイクを洗車して、着替えを済ませ帰路につきました。浜名湖は、鈴鹿と違って最後にまとめみたいなのはないようです。

浜松駅まで送迎してもらい、そこから新幹線で大阪に帰りましたが、とにかく疲れました。
車だとまともに運転できなかっただろうなって感じです。
翌日どころか、当日から筋肉痛でしたし、もちろん翌日も筋肉痛でつらかったです。

今回、オフロード走行を体験したこと自体は良かったと思いました。
ただ、オフ走行というのは自分が思っていた以上に難しいものだなというのが正直な印象です。
しかし、せっかくセロー250を買ったので林道に行きたいという気持ちは強くあります。
オフがどんなものかを知るという意味では、今回の経験は良いことだったと思いますので、今度は自分のセロー250でオフを走れるようにしていきたいと思います。

転倒の反省

長らく放置していましたが、久々に記事を書こうと思います。
この間の転倒は、いろいろと考えましたがやっぱり自身のヘタクソさ加減が原因だという以外に結論が考えられず、したがって技術を向上させない限りどうしようもないということです。
技術向上のためにはとにかく乗らないといけませんが、ただ乗ればいいというわけでもないと思いますので、そのためにどうすればいいか考えていきたいと思います。

バイクの損傷は、とりあえず必要最低限の補修に留めることにしました。
元々オフ車なので転倒は覚悟して購入したのと、バイクのダメージは客観的にはおそらく自分が思うほどひどいものでもないかなと思ったからです。

人間の損傷は、転倒時にバイクと地面の間に右足を挟まれたことによる打撲がありますが、これも別に大したことはないかなという感じです。
骨折とか、仕事に支障が出るような怪我は別ですが、バイクに乗る以上少しの怪我なら覚悟の上です。

せっかく復活したのだから、やっぱりバイクに乗り続けていかないと…。

バイク昔話その3

バイクに乗っていて、一番嫌なことといえば事故や転倒だと思います。
たとえバイクが大きな損傷を負ったとしても、ライダーの体が無事ならよかったと考えるべきだと思いますが、とはいえやっぱりバイクが壊れてしまうのは嫌なものです。
僕もバイクを購入した時は、立ちゴケとかUターンゴケとかの軽い転倒はやらかすだろうなと思っていましたが、バイクに大きなダメージが及ぶような転倒をするとは正直思っていなかったです。

ある日、僕はぶらっとツーリングに行こうと思っていつも通りに準備をし、自宅を出ました。
行先として考えていたのは三重県の尾鷲方面、たくさんの緑ときれいな川を目当てに向かいました。
大阪から峠を越えて奈良県に入り、吉野まで南下した後は国道169号線で進んでいくといういつものルートです。
走り慣れた169号線だからこその油断もあったのかもしれません。
今思えば、この時期は何かよくなかったというか、約2か月前にもコケてるし自重すべき時だったといえます。

吉野川を渡り、大滝ダムを過ぎて大台ケ原の手前のループ橋区間を越え、新伯母峰トンネルを通り抜けて上北山村に入りました。
上北山村に入ってからしばらく走ったところで路上に落ちていた石を踏んでしまい、なんか嫌な感じがしましたが、今になって思えばこれがその後に起こる事態の予兆だったのかもしれません。
ですがとにかく先に進もうと思っていた僕はツーリングを続行、上北山中学校の手前のトンネルに入ったところでセンターラインのところに設置してあったキャッツアイを踏み、バランスを崩したのでブレーキを使って減速し体勢を立て直そうとしましたが、修正しきれず自分の車線側の縁石にフロントタイヤを接触、そのまま転倒しバイクは僕の目の前で縁石にこすり付けられながら滑っていきました。
事故の瞬間は、事故に遭った本人にはスローモーションで見えるそうなのですが、本当にスローモーションのようにバイクが流れていくのが見え、心の中で「あっ、ダメだ…」と思いました。
しばらく滑ってようやく止まったバイクのエンジンを停止させ、引き起こしてトンネルの外まで退避しました。

バイクの損傷個所を確認すると、フォークの左アウターチューブ、フレーム、ステップホルダー、テールカウルなどあちこちに擦り傷があるのと、ラジエータに凹みができていました。
シフトペダルが内側にめり込んでギア操作ができなくなっていたので、ロードサービスをお願いすることにしましたが、朝早い時間だったのと山奥での出来事だったので到着まで時間がかかりますとのことでした。
ロードサービスの方が来てくれるまで、1時間ちょっとかかりましたが、この待っている時間は本当に長く感じました。
結構なコケかただったのに不思議と体の方は多少の擦り傷ぐらいでしたが、それ以上に自分の情けなさが嫌に思いました。
それからロードサービスで近くのバイク屋さんに運んでもらい、シフトペダルを直してもらって自走できるようにしてもらい、自宅まで帰りました。

その翌日、購入したバイク屋さんにバイクを持ち込み、修理する場合は15万ぐらいになるということを言われましたが、手放すことにしました。
修理するお金が惜しかったわけでも、転んだバイクだから愛着がなくなったわけでもなかったのですが、その時はこのまま乗っていたら今度こそ自分が大けがをしてしまうんじゃないかという気がして、一度バイクから離れて冷静になろうと思いました。
バイクに乗ることの楽しさを教えてくれて、一緒にいろんなところに出掛けた、自分の初めてのバイクをこんな形で手放すのは悲しかったですが、全ては自分の責任でこうなったわけなので納得するしかありません。

擦り傷だらけで痛々しい姿です。

B2017072102

このバイクとは、24000kmほど一緒に走りました。

B2017072101

最後にバイク屋さんに行くまでの約10kmの道のりが、このバイクと僕が一緒に走った最後の走行でした。

その後の僕は、会社から転勤を命ぜられて地元の大阪を離れることになったり、と思ってたら2年ほどで大阪に帰れることになりまた引っ越しをしたりでなんだかよく分からないうちにバイクに乗らなくなって約4年の歳月が過ぎました。
その間、バイクに乗りたいなと思うことはあっても、なかなかそうはなりませんでした。
冷静に考えれば、事故、転倒は不可抗力の場合もありますが、やっぱり自分に原因があることが多いように思います。
僕の場合は、技術未熟と判断力のなさが原因です。
これは、地道に経験を積むことによってしか乗り越えられないと思います。
幸いにして、またバイクに乗る機会を得ることができましたが、そのことは常に念頭に置かなければならないことです。

次は、こうならないように!
自分への戒めとして…

バイク昔話その2

納車まではあと少しになりました。

バイクに乗っていると楽しいこと、ドキドキワクワクなことがたくさんありますが、
よくないことももちろんあります。
バイクの故障、ツーリング先でのトラブル、駐車していた時にイタズラされたなど、
なるべくであればこういったことがなく安心してバイクに乗りたいわけです。
なかでも一番嫌なことはやっぱり、事故や転倒ではないでしょうか。
新しいバイクに乗る上で気を引き締めるために、前のバイクでのコケ履歴を思い出してみます。

立ちゴケなど軽い転倒は除くと、4回ほど走行中の転倒を経験しました。
1回目はバイクを買って2か月ぐらいの時に幹線道路で進行方向を間違えたため、急ブレーキをかけてフロントブレーキがロックし、そのまま握りゴケとなりました。
ロックした時の、あのハンドルがブルブル震える感触は今思い出しても怖いです。

B2017071901

ブレーキレバー、ブレーキペダルは修理交換、メーターバイザーとマフラーに擦り傷ができました。

2回目は、それから1年半後ぐらいにリアブレーキロックでズルっとコケました。

B2017071902

マフラーの擦り傷がひどくなりました。

3回目は、それから2年後ぐらいに鈴鹿スカイラインに行く途中の道路で右のカーブを
曲がり切れず転倒しました。

B2017071903

フロントフェンダー削れ、フォーク右アウターチューブ擦り傷、マフラー凹み&擦り傷です。

なんかこうやって見るとコケてばっかりというか、言葉もありません。
この2か月ほど後にまた転倒してしまい、バイクを手放すことになるのですが、その話はまた次の記事で書こうと思います。

コケても自己責任ですが、反省は大切です。

バイク昔話その1

バイクが納車されるまでネタがないので、前に乗っていたバイクの話でもしようかと思います。

8年ぐらい前の話になりますが、それまで特にこれといった趣味もなく、仕事もあんまり安定していなかった僕は、正直なところ毎日がダラダラと過ぎていく感じの生活でした(今もあんまり変わっていませんが…)。
なんか打ち込めることがないかな~と思っていたところ、ふとバイクっていいよねと思い、バイク免許取得とバイクの購入を決意したのでした。

ということで教習所に入所し、バイク免許取得を目指して教習を受けていきましたが正直なところ、スムースに取得というわけにはいきませんでした。
今、思い出してもよくコケてたねというか、教習所の思い出は転倒がらみが多いです…
その時は、「転倒」という二文字が教習所を卒業した後もついて回るとはあまり思っていなかったですが、そこは後ほど思い知ることになりました。
教習期間中は、YouTubeやニコニコ動画のバイク動画を見て夢を膨らませていました(笑)。
ほどなく教習所は無事に卒業でき、普通自動二輪の免許を取得できました。
その後続けて大型自動二輪の免許も取得し、最初のバイクとして購入したのがこれ。

DSCN0924r

DSCN0920r

ホンダのVTR250です。
軽量コンパクトな車体に、抜群の耐久性と扱いやすさが自慢の250ccV型2気筒エンジンを搭載したバイクです。
今見ると、中古で購入したとはいえ綺麗だなと…

このバイクで紀伊半島(奈良県南部、和歌山県、三重県南部)を中心としてツーリングに行き、いろいろ楽しむことができました。

P1000894r

r

P1120039r

最後は自損転倒により手放してしまいましたが、たくさんの思い出を与えてくれたバイクでした。
今度はこのVTR250のような悲しいお別れにならないように、気を引き締めてバイクと付き合っていきたいと思います。
プロフィール

鴉丸

ギャラリー
  • HMS浜名湖 オフロードスクールに参加しました
  • HMS浜名湖 オフロードスクールに参加しました
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
  • しまなみ海道ツーリング(後編)
最新コメント